30代メンズ財布

MENU

30代メンズは高級皮革製の財布が好み?

30代メンズの財布ならコレ!

 

30代メンズへのプレゼントは財布が一番人気となっていますが、私も嫁さんから30代半ばに革製の長財布をプレゼントしてもらいました。

 

ココマイスターという、日本の職人が作る本格皮革製品専門のメーカーで、財布や鞄のほかに小物も取り扱っています。

 

30代メンズ

女性の場合はブランド志向の方も多いと思いますが、男としては無駄に高価なブランド製品よりも、本格的で実用的なそこそこの値段の財布がいいと思います。

 

財布を選ぶときの大きなポイントとして、財布の色・素材と、形状の2つがありますよね。

 

男は30代にもなれば、そこそこ高級な財布を使いたいですから、やっぱり革製の財布がいいです。

 

形状も10代20代では二つ折りが人気でも、30代になってくると長財布を使う人が多くなります。

 

ただ、長財布か二つ折りの財布かは、好みの分かれるところだとは思います。

 

財布に使われる革の種類

コードバン

農耕用の馬のお尻から採れる皮革で、一頭の馬から採れる量はごくわずかで、農耕馬自体が年々少なくなっているため、希少性の高い革で入手困難になっていく素材と言われています。

 

整然と並んだキメ細かな繊維がむき出しとなった状態であるため、非常になめらかでしっとりとした質感が特徴です。

 

通常の牛革の2倍から3倍の強度があり、その独特の硬い素材感と、使用するほど輝きを増すことから、「キングオブレザー」や「革のダイヤモンド」と呼ばれています。

 

汚れや傷などにも強く長期にわたって使用でき、きちんと手入れをすれば一生使うこともできると言われています。

 

 

ブライドルレザ−

皮をなめして表面に何度もロウを塗り込むことによって繊維を引き締める、イギリスで古来から伝わる伝統的な製法で作られたものです。

 

「ブルーム」と呼ばれる塗り込んだロウが、白い粉として表面に浮き出ているのが特徴で、使い込むほどブルームが取り除かれて、光沢のある美しい表面へと変化していきます。

 

気温によって状態が変化するブルームによって、季節ごとに見え方が異なる個性を持っています。

 

ロウを染み込ませることによって繊維間の強度を何倍にも強くしていますので、耐久性にすぐれており何十年も使い続けられると言われています。

 

 

マットーネ

イタリアで1000年もの歴史のある伝統的な天然皮革素材の製造方法である「バケット製法」によって作られた革に、卵白を原料とするガゼイン加古でツヤを出しているのが特徴です。

 

天然皮革の傷やシワの状態を持ち合わせながらも、ガゼイン加工により独特の光沢があり、使う込めば使い込むほど革の状態が変化しますので、常にその表情を楽しめます。

 

革製品を長く使い続けるためにははメンテナンスが重要ですが、このマットーネは比較的楽なほうでうす。

 

最初はマットで使えば使うほど光沢の出る一般的な革に比べて、マットーネは最初から光沢があり使い込めばさらに独特の光沢と深みを増していくのも特徴です。

 

 

ナポレオンカーフ

最高級イタリア産オイルドヌバックと呼ばれる革で、他の革にはないしっとりと手に吸い付くような肌触りが特徴の、日本ではほとんど流通していない皮革です。

 

触ると癖になるほどの独特の質感は、サンドペーパーを使って起毛させる加工を施しており、ヌメ革を凌ぐほどの経年変化をするのが特徴です。

 

多くのオイルを含む皮革のため、経年変化が大きいのが特徴で、使い込めば起毛がなくなりアンティーク感あふれる黒光りが現れるなど、ナポレオンカーフ独特の味を生み出していきます。

 

 

パティーナ

パティーナとは「経年変化の楽しみや味わい」という意味のラテン語で、使用するごとに味のでる、10年後が楽しみな皮革です。

 

植物から抽出したタンニンのみでナメしてオイルを加えた、ベジタブルタンニンレザーと呼ばれる自然のままの風合いを残して仕上げているのが特徴です。

 

植物のタンニンのみでナメされている為、自然に優しく廃棄後も土に帰すことができる素材となっています。

 

最初は固くゴワゴワする質感ですが、長く使い込めば繊維がほぐれて柔らかさ・色合い・艶がでてきます。

 

表面加工がされていませんので、牛の傷やシワ・血管や毛穴の痕などの自然な表情、素朴な革の匂い、温かい手触りなど、皮革の代表格ですが、水に特別に弱いので注意が必要です。

 

 

夫が買ってきてくれたお土産のメンズの財布

もう十年以上前のことになりますが、夫が30代のときに会社の慰安旅行で韓国に行ったことがありました。むこうは皮製品が安いとかで、黒の財布をお土産に買ってきてくれました。

 

それまで使っていた財布が破れかけていましたので、ちょうどいいと喜んで使うようになったのですが、どう見てもメンズ用なのです。二つ折りで小銭入れとカードを入れるポケットのついた、よくあるデザインなのですが、そのシンプルさはどう考えても女性用ではないように思います。

 

30代メンズ財布.net

そう言うと、「いや、これは絶対女性用だった。女性用財布のところにあった」と言い張って聞かないので、それ以上言うのを止めました。

 

実際に使ってみると、手が小さい私にはコンパクトで飾り気のない財布は使い勝手がよく、それからずっと今に至るまで使い続けています。自分で好きなデザインの財布を買ったこともありますが、重いとか大きすぎるとかの理由でいつしか使わなくなりました。

 

でも、どう見てもこの財布はやはりメンズ用だと思います。自分からメンズ用の財布を買うことは決してありませんが、もらったものなら別です。

 

女性用の財布はデザインに力を入れていて、メンズ用は使い勝手を重視しているのかもしれませんね。

 

丈夫で長持ち、まだどこも悪くなっていません。それに、長年使って思うことは金銭的にもなかなかいい財布だということです。出ていくことももちろんありましたが、収支で言うと貯める方が多かったようです。

 

ただ、夫も息子も似たような黒の二つ折り財布を使っていますので、間違えないように注意しなくてはいけません。

 

更新履歴